日本中に眠る素材が、アクティブラーニングとコラボレーションの力で「宝物」となるサクセスストーリー。

試行錯誤を繰り返して完成した「宝物」たちが挑む『にっぽんの宝物』グランプリで栄冠に輝いた、日本全国の「宝物」公式ショッピングサイトです。

2020

12.22

22:00

テレビ東京「ガイアの夜明け」にて​

にっぽんの宝物 ​が紹介されました

カンテレ「よ〜いドン!」で「西山金時スウィートポテトロール」が紹介されました

テレビ朝日「激レアさんを連れてきた」で「田野屋塩二郎の塩」が紹介されました

テレビ東京「ガイアの夜明け」で紹介。大水槽レストランPIER-01(千葉)の深谷リーキのメニュー

​新入荷・新発売

2020年12月22日 22:00

西山金時スウィートポテトロール

2020年12月22日 22:00

​田野屋塩二郎の塩(黒)

2020年12月22日 22:00

【予約】栄木農園の雲仙グリーンメロン2021

2020年12月22日 22:00

【予約】栄木農園のいちご ゆめのか(新商品)

2020年12月22日 22:00

【先行・予約】ミルコロ ガナッシュ(新商品)

2020年12月22日 22:00

【予約】木鶏 MOKKEI(新商品)

2020年12月22日 22:00

深谷リーキ食べ尽くしセット(新商品)

 

地方の素材を、アクティブラーニングと

コラボレーションの力で

全国・世界へ!

 

​​日本の地方には、多くの優れた価値ある商品、技術が存在します。しかし、こだわりの商品は流通に乗りにくく、次第に担い手を失いつつあります。このような「にっぽんの宝物」を自治体や商工会と協力しながら、事業者の「アクティブラーニング体験」、1次2次3次産業の「コラボレーション」をキーワードに、国内外に紹介・販売支援するプロジェクトです。

 

​にっぽんの宝人・宝物たち

地方に隠された名品を選ぶ『にっぽんの宝物』グランプリで受賞した、日本全国の「宝人・宝物」たちをご紹介します。

hakusen_22.png

田野畑村

岩手町

室戸市

南島原市

雲仙市

南国市

合志市

相良村

 

全国大会で総合優勝した最強”鶏節”

木鶏 ~MOKKEI~

高知大会2019<調理・野菜部門>、JAPAN大会2019<新体験イノベイティブ部門>でグランプリを受賞。さらに、JAPAN大会2019の全部門チャンピオンであるグランドグランプリにも輝いた、正真正銘、日本一の宝物。

 

鰹節ならぬ、「鶏節」。国境、宗教を超えて料理の幅をひと回りもふた回りも広げる、クセのない上品な味わい。だしをとっても、削り節としてそのままでも。3人の一流プロフェッショナルたちが日本のだし文化に新風をもたらした。

 

ミシュランと双璧をなすレストランガイド「ゴ・エ・ミヨ」に中国・四国地方で初めて名を連ねる人気リゾートの総料理長。予約5000人待ちで、世界中のミシュラン星付きシェフからのラブコールが絶えない世界一の塩職人。農林水産大臣賞を受賞した老舗鰹節屋の3代目。これらの逸材たちが交わした約束は「お互いの仕事に口を出さないこと」。各々が自らの実力を遺憾なく発揮した集合知、「木鶏」とは。

UNDISCOVERED

GEMS OF JAPAN GRAND PRIX

Chosen as the best of 

Japan's finest local production

日本初!本場スペインの技術を

岩手が誇る短角和牛で実現

希少種岩手短角牛セシーナ

2019年岩手大会、JAPAN大会の両大会で部門グランプリ獲得。


本場スペイン北部で愛される、牛の生ハム「セシーナ」。 世界一のレストランと称されたスペインの3つ星レストラン「El Bulli(エル・ブジ)」でシェフをしていた山田チカラシェフも「本場のセシーナよりも、柔らかで、脂の甘みも感じる、日本らしい優しい新しいセシーナ」と高い評価。

和牛の中でもわずか「1%」しか生産されない短角牛の「日本初」となる「セシーナ」。熟成に1年以上かかろうとも、岩手の和牛文化を守ろうと戦う、府金さんのセシーナ作りとは。

豆腐の魅力と可能性を一度に楽しめる宝箱!

豆腐の七変化

にっぽんの宝物グランプリJAPAN大会2017の調理部門で準グランプリを受賞。


豆腐のプロが毎日一つひとつ丁寧に手作りする、豆腐の魅力と可能性がギュッと詰まった贅沢な宝箱。こだわりの原材料には、”高たんぱくの一等品国産大豆” ”14年連続水質日本一”に輝く「川辺川」のほとりから汲んだ井戸水、ミネラルたっぷりの天然海水ニガリを使用。
中でも「二代目川辺」は<冷奴専用豆腐>といっても良いほど豆腐の甘さが際立ち、とろりとした口どけ。他にも、驚異の濃度15%を誇る「濃豆乳」は、繊細な温度管理と職人にしかできない”混ぜ”技が織りなす究極の逸品に仕上がった。豆腐はどんな料理にも、どんな調理法にも適応できるまさに”七変化”する万能食材。さらに、豊富な栄養素、低カロリー、ボリューミーの嬉しい3点盛りで、家計にも健康にも優しい。「いつもの豆腐」が「この豆腐が食べたい」になる。

 

小規模だからこそ、手間を惜しんで丹精込めた商品作りをする「親父のガンコとうふ」創設秘話と、豆腐の新境地を開いた「豆富の七変化」誕生ストーリーとは。

現役ボクサーも愛食!

ヘルシーなボディメイクをサポート

Wたんぱくソーセージ I’m tough

熊本大会2019の調理・素材部門では準グランプリ、JAPAN大会2019のヘルシー&ビューティー部門ではグランプリを受賞。

ボディメイキング中の食事でも美味しさと満足感の両立を叶える、最強のボディメイクサポートフードが誕生。パリッと弾力のある食感はまるで肉100%のソーセージなのに、豆腐を40%も使用しているため低カロリーかつ腹持ちが良い。最高品質の原材料を追求し、筋力アップに欠かせない「タンパク質」と「必須アミノ酸」を豊富に含む、良質な動物性・植物性タンパク質が夢の共演を果たした。

 

ソーセージだからお子さんや高齢者の方でも食べやすく、焼くだけ、茹でるだけで簡単に、日々の食生活では不足しがちな栄養素の補給が可能に。プロボクサーからも「減量の強い味方!」と大好評。

生産者の牧野さんは、娘のある一言をきっかけに商品開発に取り組んだ。家族みんなの健康を支える「ダブルたんぱくソーセージI’m tough」の開発ストーリーに迫る

ジャパングランプリ 2019

スイーツ部門グランプリ

西山金時

スウィートポテトロール

2019年の高知大会、JAPAN大会の両大会でスイーツ部門グランプリを獲得した、2019年度正真正銘の“チャンピオンスイーツ”。


審査員であるスイーツ作りのプロも「頭一つ抜けていた」と賞賛するほどの新スイーツは、産地へのリスペクト、芋づくりにかけた産地の情熱、全く新しい商品づくりにかけたパティシエの想い、芋づくり/スイーツ作りに情熱を燃やしたプロ同士のコラボレーションとチャレンジがあったから。

 

「まるでお芋そのもので巻き上げたような口どけ」を体験できる、芋好きなら一度は食べておきたい「絶品スイーツ」の誕生秘話とは。

ジャパングランプリ 2018

グランドグランプリ(全部門のトップ)

MILK'ORO Aging Yogurt

月収5万円からの反撃!世界の農家を回って学んだ知見が日本一のヨーグルトを作り出した。

一度、口に入れるとそのおいしさに絶句する。にっぽんの宝物、ジャパングランプリ(全国大会)2018年では、全ての部門のトップが競い合うグランドグランプリで、見事優勝!文字通り、日本一に輝いた。

 

にっぽんの宝物プロデューサー、羽根も「世界一、おいしい」と称するオオヤブデイリーファームのヨーグルト。食べるだけでこれまでのヨーグルトとの違いがすぐに分かるという。

そのおいしさの秘密は、悲しい過去から抜け出し、「大切なミルクを一滴も無駄にしたくない」という思いにあった。