top of page
鱏燻アヒージョ.jpeg

Smoked Stingray Ahijo

エイ燻アヒージョ

SDGsな漁師の生き様​。

エイ燻アヒージョ

2020年度において、千葉大会<調理/加工部門>で準グランプリ、JAPAN大会<SDGs部門>でグランプリを受賞。

 

船長として世界中を旅し、30年以上海とともに生きてきた千葉県南房総の元漁師が、海の命を無駄にしないために立ち上がった。海の”邪魔者”として扱われてきた「アカエイ」を、研究の末、「肉厚ふわふわな身」と「コリコリ食感の軟骨」を楽しめる燻製アヒージョに。無添加な上、コラーゲンとコンドロイチン硫酸を豊富に含み、子どもからお年寄りまで皆の健康と美容をサポートする。頂くのは、”1人の漁師の生き様”そのものだ。

 

自然と対峙する元漁師だからこそこだわる、サスティナブルな取り組み。「立ち止まることはあっても、後ろを向くことはない。半歩でも一歩でも前に」という信念が生んだ「エイ燻アヒージョ」。その開発ストーリーに迫る。

コラーゲンとコンドロイチン硫酸がたっぷり!

algamarina_22.png
algamarina_45_edited.jpg

​南房総市

SHIGA JAPAN

the blessings of nature

algamarina_3.png

30年以上、海を見てきた漁師の想い

海の「もったいない」を減らしたい

千葉県で漁家の長男として生まれた「有限会社アルガマリーナ」代表の金高さん。日本はもちろん、ヨーロッパ、アフリカ、オセアニアなど世界各地の海で船長を経験した、漁師歴30年以上の大ベテラン。

 

漁師をリタイア後、「低利用の魚にも光を。魚を美味しくたべてほしい。」をコンセプトに、南房総の地でカタクチイワシやサバを使った料理屋「なむら」を立ち上げた。そして、「おうちでも美味しく魚を食べてほしい」と、次々に家庭向け商品を開発。受賞歴も多数で、中には、JALのファーストクラスに採用される商品もある。

そんな金高さんに「アカエイ」の商品開発の依頼が来る。アカエイは、東京湾の貝類を食べ、人にも魚にも危害を加え、かつ、食べられない。そんな網にかかれば廃棄となるアカエイを、おいしく活用できるように加工者の立場から参加してほしい、という話だった。

「海のもったいない、を活用する。これこそ、私の使命だ。」と依頼を快諾。アカエイ活用の研究を行う「千葉県水産総合研究センター」と「国立研究開発法人 水産研究・教育機構」、金高さん、そして南房総の漁師たちによる本気の商品開発が始まることに。

 

世界での経験が生きた

「アカエイ」のアヒージョ作り

海の”邪魔者”が”ヒーロー”へ

アカエイの最も厄介な点は、体内に含まれる尿素だった。チーム一丸となって研究を進め、ついに臭いを消す手法を編み出すことに成功!そして、ナラのチップで燻製することで食べやすくし、エクストラバージンオリーブオイルと合わせ、無添加のアヒージョに。これは、スペインで漁業に従事してきた金高さんゆえのアイデアだ。

 

「なんてったって驚いたのは、エイが秘めていたコラーゲンとコンドロイチン硫酸の豊富さ。余すことのないよう、皮ごと処理しています。食感はふわふわでコリコリ。味付けをしてアヒージョにしているので、温かいご飯やフランスパンにのせても、パスタと和えても◎。もちろん、おつまみとしてそのままでも。お肌や健康のために、そして、育ち盛りのお子さんにぜひ食べてもらいたい」と金高さん。


こうして、”邪魔者”が”ヒーロー”へと変貌を遂げていった。

algamarina_26.png

UNDISCOVERED

GEMS OF JAPAN GRAND PRIX

Chosen as the best of

Japan's finest local production