top of page

Freshly prepared chirashi sushi at home

お家でまるで出来立てバラちらし

ミシュランの味をたったの15分でご自宅で

お家でまるで出来立てバラちらし

2022年度において、新潟南魚沼大会でグランプリ、JAPAN大会<肉・海産物調理/加工部門>でグランプリを受賞。

 

ミシュラン掲載店である新潟南魚沼の「龍寿し」作。専用の田んぼで作られる魚沼産コシヒカリをブレンドした炊き立てのシャリと職人歴35年以上になる店主厳選のネタをセパレートにして急速凍結させた無添加バラちらし。わさびも八海山の伏流水で育てた魚沼わさび、ガリは自家製と、細部にまで抜かりないこだわりが。冷凍でも最高の状態を提供するため試行錯誤を100回以上繰り返し、たったの15分あれば作りたてさながらの美味しさと新鮮さが堪能できる。

 

シャリを味わうバラちらしが日本一の米どころである南魚沼から産地直送で届く。「お家でまるで出来立てバラちらし」に秘められたこだわりとは。

新潟南魚沼_写真_龍寿し(お家でまるで出来立てバラちらし) (1)_edited
MK4_9520_edited.jpg

​わさびやガリも含め素材は自分が納得したものだけを

海と山の幸を握る

受賞歴多数の「龍寿し」

新潟南魚沼・八海山の麓にある1967年創業の「龍寿し」。「ミシュランガイド新潟2020」掲載、「食べログ百名店2022」「新潟ガストロノミーアワード 特別優秀賞」に輝く名店だ。港町でも繁華街でもなく山の中にある寿司屋らしく、選りすぐりの産直の魚介を黒舞茸や天恵菇といったきのこや山菜などの地域の素材と合わせ、新しい一貫でお客様をもてなす。

 

「ネタは、28歳で父からお店を継いで以降、独自のルートを開拓し、その時々で全国各地から最高のものを仕入れています。お米は、地元の農家さんとどの有機肥料をどの回数入れるかまで話し合い、専用の田んぼで龍寿し用のコシヒカリを作ってもらっています。それだけでは粘りが強いので、新潟県の早生品種のこしいぶきを半分ずつブレンドし、1年ほど寝かせてから使います。しっかりとした食感で、表面の粘りが少ないので、口に入れた時にほぐれるように感じ