top of page

Nishiyama Kintoki

Sweet potato Roll

西山金時スウィートポテトロール

まるでお芋そのもので巻き上げたような口どけ

西山金時

スウィートポテトロール

2019年の高知大会、JAPAN大会の両大会でスイーツ部門グランプリを獲得した、2019年度正真正銘の“チャンピオンスイーツ”。


審査員であるスイーツ作りのプロも「頭一つ抜けていた」と賞賛するほどの新スイーツは、産地へのリスペクト、芋づくりにかけた産地の情熱、全く新しい商品づくりにかけたパティシエの想い、芋づくり/スイーツ作りに情熱を燃やしたプロ同士のコラボレーションとチャレンジがあったから。

「まるでお芋そのもので巻き上げたような口どけ」を体験できる、芋好きなら一度は食べておきたい「絶品スイーツ」の誕生秘話とは。

sweetpotato_3.png

室戸市

KOCHI JAPAN

the blessings of nature

sweetpotato_2.png

ブランド芋のルーツは高知の室戸から

土と光と適度なストレスが産む甘さ

高知室戸エリアは、ダイナミックに自然を感じられる、世界ジオパークに認定されている特別なエリア。この室戸の海岸段丘に位置する「西山台地」は、海底の堆積物でできた地質で、水はけがよく、芋作りにはぴったり。太平洋に面した温暖な気候と、海風の適度なストレスが、甘く濃厚な味わいの「西山金時」を育てるのに最高の場所なのです。

 

超有名ブランド、徳島の「鳴門金時芋」や北陸の「五郎島金時」のルーツは実は高知県が生んだ傑作品種「西山金時(登録品種名:高系14号)」なのです。甘くて美味しい金時芋の元祖というわけです。